ナース人材バンクなら求人探しの効率化|らくらく転職

職種

学校で学ぶ

看護師

看護師の資格を取得するには、国家資格試験に合格する必要があります。

看護師は、病人等に対して療養上の世話、医師の診療行為の補助、疾病の予防や健康増進のための指導等を業務として行う者です。看護師の資格は、国家資格となっています。看護師になるには、看護専門学校や看護大学等において所定の養成課程を修了したのちに、国家資格試験に合格する必要があります。日本では法律によって、医師、歯科医師、看護師、准看護師以外の者が看護を行うことが禁止されています。これまでの看護師の養成教育は、高校卒業者を対象とした看護専門学校を中心に実施されていました。近年では、医療技術の高度化から看護の職場においても高度な専門知識を必要とされるため、看護学部や医学部保健学科等が4年制大学を中心に設置されています。

資格を持っている場合には、再就職の際に有利になります。

看護師の資格は一度取得すれば永久の資格となりますので、再就職の際にも有利となる場合があります。看護の職場で働く者の多くは、その業務の性格から女性が多数を占めています。女性については、結婚や出産、子育てなどから看護の職場から退職する場合があります。出産や子育てが終了したのちに、再度の就職を行う者も少なくありません。入院施設等を有する大規模病院においては、毎年、多くの看護師の求人募集を行っています。また、その求人募集の内容も、夜勤不可、日勤のみ従事などの条件のものもあります。インターネットの看護師の求人サイトでは、全国の病院の求人を紹介しています。求人募集に際しては、再就職の際に最新の医療技術の講習や研修などを実施するところもあり、再就職の不安を取り除いています。

Copyright© 2015 ナース人材バンクなら求人探しの効率化|らくらく転職All Rights Reserved.